劇団四季オペラ座の怪人と浜離宮恩賜庭園

劇団四季オペラ座の怪人

先日、初めて劇団四季のミュージカルを観てきました!「オペラ座の怪人」です。

人気があるようで、ほぼ満席でした。2階席中央あたりの座席でしたが、とても見やすかったです。

・・・何しろ初めてなもので、何をどうしたら良いものか全くわからず^^;

とりあえず、指定された入場時間に会場に向かい、入口の看板?を皆さんが撮影していたので、自分も撮影。

会場内のキャストのパネル?も皆さんが撮影していたので、自分も撮影。

座席から舞台を撮影している方々がいたので、自分も撮影・・・。

帰ってから子供に聞いたところ、それがお作法らしく、とりあえずは良かったです^^

初めての劇団四季だったので、パンフレットも購入して準備は万端!

座席に座ってパンフレットを見ながら、一応あらすじのチェックもしておきました^^

舞台は迫力があって、素晴らしかったです~!

場面が変わるとセットも変わり、独特の世界に連れて行かれる感覚でした^^

有名なあの曲も流れていました~^^

劇中で劇を演じているんですね・・・。拍手するタイミングかなと思い一生懸命拍手していたところ、BGM的な拍手の音が流れており・・・。観客は私以外誰も拍手をしておりませんでした・・・^^; 周りの皆様申し訳ありませんでした^^;

そんなこともありましたが、ステキな時間を過ごせました。機会があったら別の作品も観に行きたいと思います^^

浜離宮恩賜庭園

こちらも初めて行ってきました^^

広いんですね~! ビックリしました!

ゆりかもめの「汐留」で下車して徒歩5分くらいでしたが、見えているのにたどり着けないというか? 太い道路を横断するのですが、横断歩道が回り込むような形になっているので少し回り道をした気分になるかもしれませんね。

横断歩道で信号待ちをしている時に、小さなお子さんが「なんですぐ渡れないの?」とお父さんに質問している声が聞こえました。「ここは横断歩道がないから渡れないんだよ。車とぶつかっちゃうからね。」とお父さんが答えておりました。

目的地は同じ「浜離宮恩賜庭園」でした。

大手門橋を渡り、大手門出入口から入園しました。入園料は大人300円でした。

燕のお茶屋がこちら。

鷹のお茶屋がこちら。

潮入の池にはお伝い橋がかかっています。

中島のお茶屋がこちら。

周りには高いビルが見えるんですね~。

日陰には先日の雪がまだ残っていました。

この写真だけ見るとまるで雪国に行ったようですね^^

富士見山からの景色です。

庭園の周りはすべて水で囲まれていて、大手門橋と中の御門橋を渡らないと入れません。

こちらは庭園からの東京湾の景色です。

水上バスやカモも見えるでしょうか?

写真を忘れてしまいましたが、大覗、小覗というのがありました。

昔鴨を捕まえるために小覗に隠れて、カモの様子を覗き穴から見ながらおとりのアヒルでカモをおびき寄せ、鷹や網で捕っていたそうです。

小覗の近くにとても人懐こいハクセキレイさんがいました^^ 「おいでおいで~!」と声を掛けてみたら、40~50センチくらい近くまで来てくれてかわいかったです^^

去り行く姿がこちら。

新樋の口山からの景色です。

水上バス乗り場もあるんですね。

大きな水上バスも一枚。

梅の花が少しだけ咲いていたので一枚。

内堀もありました。

アオサギが日光浴をしていました^^

大きかったです。

残念ながら、2022年1月11日より新型コロナ感染拡大防止のため閉園みたいですね・・・^^;

かなり広いので、歩きやすい靴が良いと思います。

コロナが落ち着きましたら、興味のある方はぜひお出かけください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。