ニトリのNクール W-SUPERを使ってみました

梅雨が明けてから毎日暑い日が続いていますね。

夜になっても室温が下がらず、寝苦しい日が続いています。そんな夜の暑さ対策について記事にしてみました。

今までニトリのNクールの敷きパッドを使っていましたが、Nクールスーパーとか、Nクールダブルスーパーという製品もあるそうなので、今年の暑さを乗り越えるため、Nクールダブルスーパーの敷きパッドとタオルケットを購入することにしました。

届きました

敷きパッドはこちら。

触ってみるとひんやりします。

こちらは裏側です。

タオルケットはこちら。

思っていたよりも薄手でした。触ってみるとひんやりします。

寝室の環境について
・日当たりの良い木造住宅の2階の部屋

・日光で屋根や壁が熱くなるので、夜になっても気温が下がりません

・夏には、室温32度という日も多く、34度という日もあったりします

・エアコン28度設定でタイマー使用、扇風機も併用しています。(2~4時間に設定)

・エアコンと扇風機が切れると30分で室温が30度になり汗をかいて目が覚めます

使ってみて

今までは、タイマーが切れると暑くなって30分で目が覚めてしまうので、再びエアコンと扇風機を使って部屋を涼しくしていました。それが何度か繰り返されていました。はい、寝不足です・・・。

Nクールダブルスーパーのタオルケットと敷きパッドを使ってみたところ、1日目は暑さで目が覚めたのは1度だけでした。

寝ているうちに、自分の体温で敷きパッドも温かくなってしまうのですが、寝返りをして冷たい場所に移動したりするとまたひんやりとした感じになります。(おそらく無意識に何度も繰り返していたと思われます)

今まで使っていたNクールより涼しく感じました。

2日目は夜になっても室温が34度もありまして・・・。エアコンと扇風機を使ってなんとか28度になったところで寝たのですが、さすがにエアコンがタイマーで切れた後に目が覚めました・・・。

家の壁や屋根が熱くなっていて、室温も上がったものと思われます。それでも、エアコンをつけた後わりと早く寝られた気がします。

涼しい日には、敷きパッドを裏返してタオル地にすれば冷え過ぎないと思います。(腰を冷やすと腰痛になるもので・・・。)

Nクールダブルスーパーがあれば、ずっとひんやり!ということはありませんが、エアコンと扇風機も併用することで、寝苦しさが軽減されることは間違いないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です