トップガンマーヴェリックを観てきました

先日公開された「トップガン マーヴェリック」を観てきました!(多少のネタバレがありますので、まだご覧になっていない方はご注意ください)

1986年公開の前作を学生時代にリアルタイムで観ておりました。迫力があってすごかったこととストーリーも面白かったことを覚えております。

あれから36年・・・。続編を観ることができるなんて感慨深いものがあります・・・。

しかも主人公は当時と同じトム・クルーズ!

36年間、トム・クルーズがずっと活躍し続けていることは、本当にすごいことだと思います。(同じく年齢を重ねている者なので、そのすごさは本物だと実感できるわけです・・・。)

映画館はかなり人が多かったです。観客の年齢層が高かったのが印象的でした。私のように前作をリアルタイムで観た方々が多く訪れていたものと思われます。

もう少し年上の先輩方も多かったので、階段で足元は大丈夫かな?とか、途中でお手洗いに行く方々もいらして暗い中大丈夫かな?とか、少し心配してしまったのはここだけの話・・・。

アイスマンも当時と同じ俳優さんだったんですね。

ヴァル・キルマーさんが咽頭がんだったことは全く知りませんでした。マーヴェリックの中でも闘病中で、やりとりはメッセージ?(文字による)でしたが、そのような理由だったんですね。最後の会話は、本人の声ではなくAI技術を使って本人の声から再生されたものだったそうです。

あのハグにはいろいろな感情が込められていたのだと思いました・・・。

映画を観ている最中なのですが、前作を観ていた当時のキラキラ感?を感じている自分がおりまして・・・。学生時代、そういえばこんな風にキラキラしたものが自分の中にあったな~なんて思い出す場面がありました。

青春と呼ばれるものなのか? 若さ? エネルギー的なもの?

懐かしいような、まぶしいような、何とも言えない感覚を味わっておりました・・・。

ずいぶんと長い時間を生きてきたものだなと・・・。今さらですが、実感した次第です。

キラキラ感、今はどうなの?と自分に聞いてみましたが、見失っていたというか? 少し落ち着いたと言ったほうがいいのか? よくわかりません^^;

でもまぁ、今こうしてブログに記事を書いている自分も好きかなと・・・^^

学生時代、映画が好きで一人で映画館に行くことも多かったです。個人経営の喫茶店に行って、マスターがコーヒーを淹れる様子を眺めているのも好きでした。

喫茶店のナポリタンが好きだったんですよね~^^

「おひとりさま」という言葉がありますが、当時は一人でも気にせず行動しておりました。

30年以上も前のことを思い出させる映画って、なんだかすごいですね。

興味のある方はぜひご覧ください^^

1986年なんてまだ生まれていなかったよ!という方々も多いと思いますが、若いころに面白いと思って観た映画の続編が30年後に公開されたらどう思うかな?なんて想像してみるのも楽しいかなと思います・・・^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。