リゲッタ グミサンダル

ずっと痛みがあるわけではないのですが、腰痛持ちなので、靴にはこだわりがあります。足の形ですが、わりと平べったくて厚みがないので、イメージ的にはドナルド・ダックの足みたいです・・・。ドナルド・ダックよりはかなり幅が細めですが。

甲高幅広だったりすると、そういう方にピッタリのデザインも作られているようですが、甲低幅狭(なんていう言い方があるとは思えませんが)なので靴選びには苦労してきました。

最近、年齢と共に足の形も変わってきたような気がしています。甲が薄いのは変わらないのですが、いくらか幅が広がった気がします。たくさん歩いて?筋肉とかスジが伸びたのでしょうか?そこは個人の感覚なので、全員がそうなのかはわかりませんが・・・。

巻き爪の傾向もあるので、つま先が細めの靴は苦手です。

いろいろ試してみた結果、現在は主にアシックスの「ペダラ」というブランドのウォーキングシューズを愛用しています。「ペダラ」の靴はなかなかお値段がお高いので、デパートの友の会で毎月積み立てをして、満期になったら購入するというパターンです。

今までのサンダルはこちら

サンダルも「ペダラ」のものを愛用していたのですが、かなりの期間履いていたので伸びてきてしまい、買い替えをしたいのですが、気に入ったデザインのものが発売されません。仕方ないので、別のメーカーのもので履きやすそうなサンダルを探すことにしました。

今までのお気に入りがこちら。さすがに7~8年も愛用しているとこんな感じになりますね・・・。

横からの写真がありませんが、ヒールは3センチくらいで安定感があり、甲の部分もしっかり覆われていて、かかと部分もしっかり支えられているので、足首がグラつくこともなくとても歩きやすいです。同じものが欲しかったのですが、残念ながら販売されていません。

今回サンダルを購入するにあたって考えたことは以下の点です。

  • ヒールは3センチから5センチ程度
  • 甲の部分の厚みが調整できるもの
  • 滑りにくいもの
  • 幅が細すぎないもの
  • 長時間履いても疲れにくいもの

まず、甲の部分が調整できるものがなかなか見つかりませんでした・・・。あちこちの靴屋さんで探してみたのですが、試し履きをしてみても大丈夫そうなものはありませんでした。

以前から気になっていたリゲッタというメーカーのもので、甲の部分が調整できるサンダルがあったので、購入してみることにしました。

リゲッタ グミサンダル

デザイン的には、クロスストラップグミサンダルがいいなと思ったのですが、甲の部分が調整できないので、こちらのデザインにしました。

色は合わせやすい黒にしました。

インソールに特徴があるみたいです。たしかに土踏まずのところが出っ張っているというか、うまい具合に支えられそうな形をしています。

甲の部分と足首付近の部分がマジックテープになっており、調整できます。甲が薄いのでこのデザインは有難いです。

靴裏です。滑りにくいのではないかと思われます。

早速履いてみました

まず、土踏まずの安定感がすごいです!支えられています。インソールが硬くないので、支えられている部分が痛いという感じはしませんね。

かかとも絶妙に支えられている感じがします。硬くもなく柔らかくもないんですよね。不思議です。

足の甲部分も自分の足に合わせて調整できるので、フィット感もピッタリです。かかと部分のベルトも一部ゴム製なので脱いだり履いたりはラクですね。

歩く時にインソールが伸びるというか広がるというか?うまく下から支えてくれるので、今までにない安定感がある気がします。

まだそんなに長時間履いていることがないのですが、履き心地は良さそうです。

私は女性用を購入しましたが、サイトを見たところ男性用のグミサンダルもあるようです。

リゲッタには、サンダル以外の靴もあるので機会があったら試してみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です